2014.12.15

今年もあと半月です

こんにちは!   冬は食べ物は美味しいですけど 寒くて嫌い   夏は暑くて嫌い     春は花粉にやられて嫌い     好きなのは短い秋だけの   おーいしです。     今日は僕も中学生時代に経験したことのある       オスグッド・ シュラッター病について書こうと思います!   まず、オスグッドとは何か?   それは、思春期の男の子に多く見られる膝の下にでる痛みで、スポーツをしている子に多く見られます。   一番の大きな原因の一つとして   使い過ぎ   があげられます!   走ったり、ジャンプしたり、蹴ったりする動きが多く   太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)は膝の下についていて、繰り返しの動きにより引っ張られるとその部分に炎症が起き、 太ももの前の筋肉に疲労が溜まったり、膝の下の骨(脛骨)に負担がかかるとオスグッドになりやすいです。     オスグッドにならないためにはどうしたらいいか?   まず、運動前・後に太ももの前の筋肉を伸ばすように入念にストレッチをしましょう! 体を冷やさないようにしましょう!     もし、オスグッドになってしまったら・・     症状が軽い時は無理はしないように動いて、運動前にはストレッチを忘れずにやりましょう。 運動後に痛みが強くでた時は痛い所を冷やし、冷やし終わったら動かせる範囲で無理しないようにストレッチをしましょう。     どこの痛みもそうですが、痛みを感じたら早く治療をしたほうが治りも早くなるので 痛みが悪化して運動を休まないといけない状況になる前に お子さんがスポーツを続けるためにも 痛みを我慢して続けて悪化してから治療するより 少しでも痛みや、違和感を感じたら治療をしてほしいです。     オスグッドは当院で治療できるので、ぜひオスグッドで困っているお子さんがいましたら 相談だけでも構わないのでお待ちしています。